ここから本文です

【動画】台風12号日本海へ 台風から離れた場所でも大雨警戒(5日7時更新)

ウェザーマップ 9月5日(月)7時41分配信

 台風12号は、きょう(5日)午前1時過ぎに長崎市付近に上陸しました。きょうは、台風から離れた四国から東海地方でも大雨に警戒が必要です。

 台風12号は午前7時の推定で、山口県下関市付近を北上しているとみられます。今夜には日本海で熱帯低気圧に変わる見込みです。(※9:45追記:台風12号は熱帯低気圧に変わりました。)

 台風に近い九州では、すでに24時間雨量が200ミリを超える大雨となっている所があります。九州北部では朝まで、雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。また、台風から離れた四国から東海地方にかけても、湿った空気の影響で大気の状態が不安定になっていて、大雨になる所があるでしょう。
局地的には一時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。

あす6日の朝までに予想される雨量は、多い所で
  四国地方              150ミリ
  近畿地方              120ミリ
  九州北部地方、中国地方、東海地方  100ミリ
土砂災害や川の増水・はん濫・低い土地の浸水などに警戒が必要です。

 また、九州や中国地方では沿岸部を中心に強い風が吹いています。沿岸部では強風や高波にも注意してください。

 きょうは台風から離れた東日本にも湿った空気が流れ込むため、不安定な天気になるでしょう。関東は晴れ間もありますが、にわか雨や急な雷雨がありそうです。北陸も天気が変わりやすく、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るでしょう。東北北部や北海道では、特に夕方以降、雨が降りやすくなる見込みです。台風10号の被災地では少しの雨でも土砂災害などに警戒が必要です。

 最高気温は沖縄から東北にかけて30度前後の所が多いでしょう。盛岡は31度、東京は32度まで上がる予想です。湿度が高く、蒸し暑くなるため、熱中症に警戒してください。
(気象予報士・尾崎朋美)

最終更新:9月5日(月)9時49分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。