ここから本文です

日産の秘策、新ハイブリッドシステム「e-Power」を年内にも投入!リーフで培ったEV技術を活用

オートックワン 9月5日(月)19時37分配信

2016年6月22日、日産の横浜本社で開催された定時株主総会。その壇上でカルロス・ゴーンCEOは、今期に新規導入する2つの「秘策」を紹介した。ひとつは、すでに新型セレナに搭載された自動運転レベル2の「パイロットドライブ」。そして、もうひとつがレンジエクステンダーの可能性が高い「e-Power」だ。

「e-Power」が搭載されると言われるノートや新型SUV「グリップス」他(画像22枚)

レンジエクステンダーとは、EV(電気自動車)を基盤として、搭載する小型エンジンを発電機としてEV用の二次電池を充電するシステムだ。量産車では、BMW「i3」がある。業界の噂では、「e-Power」はセレナを始め、SUVやコンパクトカーなど、日産ラインアップの各車に搭載されるらしい。

「e-Power」の量産について、日産側が態度を明確にしたのは、昨年の独フランクフルトモーターショー。対象となったクルマは、次世代クロスオーバーをイメージさせるコンセプトモデル「グリップス」だ。

アンベールの直後、日産の次世代商品企画を統括する、チーフ・クリエイティブシティ・オフィサーの中村史郎氏は「新しいパワートレイン技術だ」と言うに止めた。

いまになって考えると、「グリップス」は、既存の「エクストレイル」、「ジューク」そして欧州の「キャッシュカイ」の次世代デザインイメージではなく、実質的な「e-Power」量産宣言だったのかもしれない。

日産がこのタイミングで、日系他社がまだ導入していないレンジエクステンダー導入に踏み切る理由はなにか?

それは、日系ビック3(トヨタ、日産、ホンダ)のなかで、ハイブリッドラインアップに出遅れているからだ。その現状は、ウェブサイト上で一目瞭然だ。トヨタとホンダのホームページで、カーラインアップのページにいくと「ハイブリッド」というカテゴリーがあり、コンパクトカー、セダン、SUV、ミニバンなど多彩なモデル展開が分かる。

一方で、日産のホームページのカーラインアップでは、カテゴリー欄に「ハイブリッド」はない。その代わり、エコカーという括りがあり、EVを筆頭とするなかでハイブリッドが埋め込まれているかたちだ。

つまり、日産の場合、トヨタ、ホンダと比べてホームページからの「もう1段深い階層」にハイブリッドがある。これが日産の商品ライナップの現状だ。

では、技術的に日産はどのようなシステムなのか、ここでおさらいしてみたい。

1/3ページ

最終更新:9月5日(月)19時37分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]