ここから本文です

SO小倉の閃きに周囲が連動。NTTコムがリコーから今季初勝利!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 9/5(月) 10:49配信

<ジャパンラグビートップリーグ 2016-17 第2節>
NTTコム 28-13 リコー
(2016年9月3日/東京・秩父宮ラグビー場)

2人のSHが持ち味出し、サントリーが開幕2連勝。宗像サニックスも2勝目。


 湿っぽい展開をすかっと変えた。

 スクラムでの反則が響き序盤を0-6とリードされていたNTTコムにあって、前半34分、お家芸の扇の攻撃システムが連動する。

 敵陣10メートル線付近左中間を起点に、各所に散らばる面子が守備を引きつける。自然とできたひずみを突くのは、SO小倉順平だった。 

 接点から最初にボールを受けるや、瞬時の閃きで突破。身をくゆらせ、すいすいと駆け上がる。

 右斜め後ろを並走するLOアイザック・ロスにバトンを渡すと、CTBブラッキン・カラウリアヘンリーがトライを決める。

 直後のゴールを決めたSO小倉は、ファンタジスタ然と述懐する。

「プレーのこと、聞かれてもわからないです。感覚、というか」

 クラブを下位層から1季で中位層に押し上げたロブ・ペニー ヘッドコーチは就任3季目を迎える。

 グラウンドの端から端までパスをつなぐ攻撃組織は、個々の判断力向上で機能性を高めたか。

 今春に初の日本代表入りを果たしたCTB石橋拓也は、「周りがよく見えるようになった」。局面ごとの敵と味方の人数を把握し、それに応じたプレーの選択肢を司令塔に伝える。

「話すべきことを選手が話していたので、私はその意見を最後にまとめるだけ。規律、ボール保持のコントロール、ディフェンスを、と」

 ボスがこう見たハーフタイムの後、NTTコムはさらに加速する。

 SO小倉が蹴った自軍キックオフをCTB石橋が上空でタップ。青いジャージィが左右に陣形を作り、相手防御の薄くなった左端へ展開する。

 WTB菊池功一郎、CTBカラウリアヘンリーと順にパスがつながると、右への折り返しにFL栗原大介が応じる。ここでもゴールを決めてスコアを14-6としたSO小倉は、こうも続けたのだった。

「コミュニケーションがいい。僕がやりたいことを伝えて、皆がそれをわかって、それで僕が活きている」

 黒いジャージィのリコーは、SOとFBに並べたキック力のある選手を頼りにエリアを取り、外国人FWによる簡潔なぶちかましに活路を見出したかったか。しかし、プラン遂行の前提となる陣地獲得に難儀する。

 何故か。敗れた神鳥裕之監督はこう観る。

「相手のアタックが素晴らしくボールを獲れなかった」

 守っては2人がかりのタックルも貫いたNTTコムは、17分、自陣10メートル線付近右のスクラムからまたも協奏曲を奏でる。

 ハーフ線付近左中間での2フェーズ目でCTB石橋がその走りで複数のタックルを引きつけると、反対側のスペースで5人対2人と文句なしの数的優位ができる。

 その先頭に立つSO小倉がデジャブを示すランを繰り出し、最後はCTBカラウリアヘンリーが止めを刺した。ゴールも決まり、21-6。ここで勝負は決まったか。

 今季初黒星のリコーに対し、NTTコムは今季初勝利。人気者のNO8アマナキ・レレィ・マフィも、足早に帰路につくさなかに言った。

「これからタフ(な対戦が続く)。もっと、レベルアップしたいです」

(文:向 風見也)

最終更新:9/5(月) 10:49

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。