ここから本文です

台風12号 九州北部を北東進 大雨・暴風に警戒

ウェザーマップ 9月5日(月)5時25分配信

 台風12号は、5日未明に長崎県長崎市付近に上陸した。台風は間もなく日本海へ抜ける見込みだが、引き続き九州や中国地方を中心に大雨や暴風・高波に警戒が必要で、四国や近畿、東海でも大雨に対して警戒だ。

 台風12号は、5日午前5時には福岡市の西にあり、北北東におよそ20kmの速さで進んでいると見られる。台風はこの後も北東へ移動し、今夜には山陰沖で熱帯低気圧に変わる見込みだ。

大雨

 台風本体の雨雲に加えて、台風によって南から流れ込む暖かく湿った空気の影響で、台風から離れた地域でも大雨が予想され、6日かけては太平洋側でも強く降るところがある見込みだ。局地的には雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれもあるため、土砂災害や河川の増水に警戒が必要だ。
■5日の予想雨量(6日明け方まで・多い所)
四国 150ミリ
近畿 120ミリ
九州北部、中国、東海 100ミリ

暴風・高波

 台風12号は規模が小さいため、台風の接近に伴い風が急激に強まるおそれがある。台風が上陸した九州北部だけでなく、このあと台風が近づく中国地方でも、暴風や高波に警戒が必要だ。
 予想される最大瞬間風速は九州北部で25メートル、予想される波の高さは九州北部、四国、中国地方で3メートルとなっている。

最終更新:9月5日(月)5時25分

ウェザーマップ