ここから本文です

iPhone 7の基板が流出、しかしガードは固く…

ギズモード・ジャパン 9月5日(月)15時10分配信

ちょっとだけ、チラ見せで良いから。

いや、変な意味ではありません。中国IT168に次期iPhoneのものとされるロジックボードの写真が公開されていました。リーク元は同じく中国のWeibo、GeekBar創始人磊哥の投稿から。

真贋の判断は難しいところですが、GeekBar創始人磊哥はこれまでもiPhone6sとiPhone 7のロジックボードの比較動画をリークしています。また、これまで公開された写真などと同じレイアウトになっており、おそらくかなり高い確率で、これはiPhone 7と呼ばれる次期iPhoneのものでしょう。

でも、大事なチップはシールドされていてプリントを確認できないんですよね…。

これまでのリークによると、iPhone 6sに比べるとA10プロセッサの占める面積が大きく、またA10プロセッサの下には何かしらのチップが搭載されるらしいのですが、それがどこ製で何のチップなのかはまだ判明していません。うわさではIntelのLTEモデムチップではないか?と言われていますが…。

ああもう、ヤキモキMAX!

ノリは良いけどガードが硬い。そんな子ですね。

関連記事:iPhone 7の噂からパーツリークまで、全部まとめました
(リンク:http://www.gizmodo.jp/2016/08/iphone7_rumor.html)

※(2016/09/03)誤字を修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

source: IT168

(小暮ひさのり)

最終更新:9月5日(月)15時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]