ここから本文です

米ITC、AD見直し調査開始 日本製など継目無鋼管

日刊産業新聞 9月5日(月)12時22分配信

 米国際貿易委員会(ITC)は1日、日本、ルーマニア製継目無鋼管輸入に対するアンチダンピング(AD)課税の措置後5年の見直し調査(サンセットレビュー)を開始すると発表した。AD措置を撤廃した場合、米業界の被害再発につながるかどうかを調査する。

最終更新:9月5日(月)12時22分

日刊産業新聞