ここから本文です

ルヴァン杯、クラブ史上初のベスト4進出を逃した大宮 渋谷監督「選手たちは必死に戦ったが……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月5日(月)7時30分配信

「マリノスの底力を感じた」

4日、2016JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第2戦が行われ、大宮アルディージャはニッパツ三ツ沢球技場で横浜F・マリノスに0-1で競り負けた。第1戦を2-1で勝利し、引き分け以上ならば無条件で準決勝進出が決まるところだったが、2戦合計スコアを2-2とされ、アウェイゴール差でクラブ史上初のベスト4進出を逃した。

大宮アルディージャを率いる渋谷洋樹監督は試合後、「ルヴァンカップベスト4、歴史を変えるということで選手たちは必死に戦ったが、残念ながらベスト4には行けずに本当に悔しいし、非常に残念に思う」とコメントし「マリノスの底力を感じたゲームだった」と振り返った。Jリーグの公式サイトが伝えている。

そして第1戦で決勝ゴールを決めたMF家長昭博が欠場したことを問われると「アキがいてもいなくても、しっかり勝てるチームにしたい。いない中でのやりくりに変化はあるが、今後もいないときはあると思う。しっかり準備していきたい」と語った。大宮は9月7日に天皇杯2回戦でガイナーレ鳥取と対戦する予定となっている。指揮官は「相手も相当の気合いで入ってくると思うので、しっかりコントロールしたゲームをやれるようにしたい」と意気込む。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月5日(月)7時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]