ここから本文です

ポテトチップス業界を襲う台風の影響「チップスター」は大丈夫?

BuzzFeed Japan 9/5(月) 19:46配信

台風10号が日本のポテトチップス業界に大きな影響を与えています。

カラムーチョなど湖池屋のポテトチップス製品を生産している北海道の工場が、浸水により操業を停止。

カルビーも5日、台風の影響で、原料のジャガイモの収穫が遅れ、十分な量を確保できないため今月に予定していたポテトチップスの新商品4種の発売を10月に延期するとNHKなどで報じられました。

延期するのは、9月5日に発売予定の「ア・ラ・ポテト」2種と12日に発売を予定していたコンビニエンスストア専用商品2種です。

こうなるとポテチ好きの関心は、カルビーやコイケヤと並ぶポテトチップスの代名詞「チップスター」への台風の影響です。

じゃがいもをスライスしてそのまま揚げる他の2製品と違い、チップスターは「成型ポテトチップス」だが、台風によるダメージを受けていないだろうか。

BuzzFeedでは日本中の懸案事項といえる「チップスター」への台風の影響について、ヤマザキビスケットに聞いた。

ーーずばりチップスターは大丈夫ですか

担当:当社のホームページにも書いておりますが、チップスターでは、アメリカのアイダホ産のポテトフレークを使用しており、生のじゃがいもは使っておりません。このため台風10号の影響はありません。

ーーコイケヤさんのように工場への影響はどうでしょう

担当:工場は茨城県古河市にあり、台風の影響はありません。

最終更新:9/5(月) 19:53

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。