ここから本文です

【MLB】イチロー勝ち越し二塁打&2戦連続マルチ! 通算3017安打で歴代26位に「3」

Full-Count 9月5日(月)8時31分配信

「1番・右翼」でスタメン出場、今季23度目のマルチ安打

 マーリンズのイチロー外野手が4日(日本時間5日)の敵地インディアンス戦で2試合連続のマルチ安打を放った。球団発表でメジャー通算安打数歴代27位のイチローはこれで3017安打とし、歴代26位ラファエル・パルメイロの3020本まで残り「3」とした。マーリンズは9回にイチローの勝ち越し二塁打などで2点のリードを奪ったが、その裏に3失点し、5-6と逆転サヨナラ負け。3連敗を喫した。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50

 イチローはこの日、「1番・右翼」でスタメン出場。初回の第1打席は三振、3回の第2打席はセンターフライに倒れたが、5回の第3打席は振り逃げで出塁すると、1-0と1点リードで迎えた7回1死一塁の場面では右前安打をマーク。一、二塁とチャンスを広げ、プラドの適時打につなげた。

 そして3-3で迎えた9回無死二塁の好機ではライトへ勝ち越しの二塁打を放ち、チームに貴重な追加点をもたらした。イチローは2試合連続、今季23度目のマルチ安打で通算3017安打とした。マーリンズはその後も1点を追加し、リードを2点に広げた。

 しかしその裏にロドニーがまさかの3失点。チゼンホールにサヨナラ打を浴びて逆転負けを喫した。マーリンズはこれで3連敗となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月5日(月)9時11分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。