ここから本文です

宮崎精鋼の墨子会社、月末に工場建屋完成 磨棒鋼・CH鋼線 来秋にも現地供給

日刊産業新聞 9/5(月) 12:23配信

 宮崎精鋼(本社=名古屋市中川区、宮崎薫社長)のメキシコ子会社の「ミヤザキセイコー・デ・メヒコ」(略=MSM)はメキシコ・ハリスコ州に工場建屋を建設しているが、工場建屋は9月末にも完成する予定。完成後は8人体制で、磨棒鋼の切断加工などを開始する計画。メキシコでは自動車生産が拡大しており、日系自動車メーカーの生産増強が期待されており、こうした自動車関連部品のニーズに応えるのが狙い。このため、来年秋をめどに第一次投資として磨棒鋼生産ライン、線材仕上伸線機を導入し、現地で磨棒鋼とCH鋼線の供給を計画している。

最終更新:9/5(月) 12:23

日刊産業新聞