ここから本文です

住友商事、サウジ・アラムコと覚書 操業効率化で 鋼管拠点拡張を検討

日刊産業新聞 9/5(月) 12:25配信

 住友商事は1日、サウジアラビアの国営石油会社であるアラムコとの間でアラムコの操業効率化に関する覚書を締結した。住商が鋼管や鋼材の製造をはじめ化学品、物流などに関する投資を実行するもの。両社共同で新規ビジネスも進める方向だが、具体的な内容はこれから詰めていく。鋼管についてはサウジアラビアの既存の鋼管製造会社2社の拡張などを検討する。住商としては年間数100億円規模の鋼管などの取り引きを拡大したい考え。

最終更新:9/5(月) 12:25

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。