ここから本文です

試合終盤にドラマが…… ララーナが値千金の決勝弾、イングランドがアラダイス監督の初陣を白星で飾る

theWORLD(ザ・ワールド) 9/5(月) 8:20配信

アディショナルタイムに歓喜

現地時間4日、2018年FIFAワールドカップ欧州予選の第1節が行われ、スロバキアとイングランドが対戦した。試合はスロバキアのホーム、スタディオン・アントナ・マラティンスケーホで開催され、スロバキアはマレク・ハムシク、マルティン・シュクルテル、イングランドはウェイン・ルーニーやハリー・ケインが先発出場した。

試合は序盤から敵地に乗り込んだイングランドがボールを保持して攻めこむ展開となる。対するスロバキアはディフェンスラインを下げブロックを作り、強固な守備網を整えて待ち構えた。その結果、イングランドは前半、65%のボールポゼッションを記録するもシュート本数はたったの3本にとどまった。またカウンターからチャンスを窺うスロバキアも決定機にまで持ち込めず、互いに枠内シュートが0という手堅い展開となる。

0-0で迎えた後半。スロバキアは57分にアクシデントが発生する。DFシュクルテルがFWケインに悪質なチャージをして2枚目のイエローカードをもらい退場し、1人少ない状況に追い込まれる。数的優位なイングランドがスロバキアのゴール前まで攻めこむ時間帯が続くと、77分にはララーナが左ポストを直撃するミドルシュートを放つも、その後もスロバキアの守備網を崩しきることができない。イングランド代表を率いるサム・アラダイス監督は終盤、ハリー・ケインに代えてスタリッジをピッチに送り出すも、なかなか決定機にまで結びつかない。

このまま試合終了かと思われたアディショナルタイム、待望のゴールが生まれる。DFダニー・ローズが左サイドからクロスを送りこむと、スロバキアDFがクリアを試みる。だがこのボールはDFララーナの足下に転がりこむと、ララーナは冷静にシュートを蹴りこみ決勝ゴールを奪った。

イングランドは試合終了間際に劇的な決勝弾を奪い1-0でスロバキアに勝利を収め、アラダイス新監督は初陣を白星で飾った。イングランドは10月8日にホームで行われる第2節でマルタと、スロバキアはアウェイでスロベニアと対戦する予定となっている。

[メンバー]
スロバキア:コザーチク、ペカリーク、シュクルテル、ジュリツァ、フボチャン、ペチョフスキー(→ギョンベル 55)、グレグシュ、ハムシク、マク(→クビーク 71)、ジュリシュ、シュベント(→キス 78)

イングランド:ハート、ウォーカー、ケイヒル、ストーンズ、ローズ、ヘンダーソン(→デル・アリ 64)、ダイアー、スターリング(→ウォルコット 71)、ルーニー、ララーナ、ケイン(→スタリッジ 82)

[スコア]
スロバキア 0-1 イングランド

[得点者]
イングランド:ララーナ(90+)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/5(月) 8:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報