ここから本文です

大火から350年、燃える17世紀ロンドンの街並み

AFPBB News 9月5日(月)11時27分配信

(c)AFPBB News

※音声はありません。

【9月5日 AFP】英ロンドン(London)を流れるテムズ川(Thames River)で4日、17世紀の街並みを再現した全長120メートルの木製の模型に火がつけられ燃やされた。

 これは、米国人アーティスト、デービッド・ベスト(David Best)氏の作品で、1666年の「ロンドン大火(The Great Fire of London)」から350周年になるのを記念して行われた。

 大火は、市内のベーカリーから起こった大規模な火事。木造の建築物がひしめく市内の約80パーセントに壊滅的な被害をもたらし、1万3200戸の住宅の他、セントポール大聖堂(St Paul's Cathedral)を含む、87の教会が焼失した。(c)AFPBB News

最終更新:9月5日(月)11時27分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。