ここから本文です

【○○万の壁】 「10月からのパートの社会保険加入」や「2か所以上でパートしてる場合の社会保険」などの質問にお答えします。

マネーの達人 9月5日(月)5時38分配信

読者の皆様、「パートが社会保険に入ったら夫婦の手取りはどうなる? 平成28年10月からパートも社会保険加入に」をご拝読いただきありがとうございます。

幸いこの記事を読んで下さるかたが多く、いくつか質問を受けました。今回は、質問に対する回答という形で記事を書いてみました。

質問1 年収141万円だと社会保険に入るのではないでしょうか?

現在(平成28年8月31日)時点での社会保険加入ラインは週30時間以上(正社員の3/4以上)働く人です。

年収141万円だと、年間1470時間(30時間×49週)働いたとして時給959円ほどになりました。今年10月からの東京都の最低賃金で932円なので、年収141万円だと厚生年金・健康保険に入っている方もいらっしゃることでしょう。

ただ、全国の事業所は約592万7000(平成26年賃金センサスより)あり、従事者数は約6170万人です。そのうち厚生年金適用事業所は186万700(平成27年3月時点、厚生労働省調べ)、厚生年金・共済年金加入者は約4039万人です。配偶者に扶養される形で国民年金に入っている人は約932万人です。

このように厚生年金・健康保険に入っていない事業所や働く人は結構な数です。働く人のうち、国民年金の保険料を支払う人は約1200万人の計算になります。

■今年10月からのパートの社会保険加入の条件をおさらい

1. 被保険者数が501人以上の特定適用事業所に勤めていること。

2. 週に20時間以上働いていること。

3. 月収(交通費、賞与など除く)が8万8000円以上であること。

平成26年賃金センサスによると、正社員以外の常用雇用者(パート)の人数は、約1900万人ですが、厚生労働省の調べによると社会保険に入るパートの対象人数は約25万人とのこと、現時点ではパートで社会保険に入る人は意外と少ないのです。

上記の「3つの条件を満たしたパート」以外は、今までと同じく社会保険に加入している事業所で働いていて、週30時間以上(正社員の3/4以上)働くパートの人が社会保険に加入する目安です。

「主婦の働き方は壁がたくさん 103万円、106万円、130万円、結局いくら稼ぐのがいいの?」では、高い社会保険料負担(平成28年度国民年金保険料月額1万6260円、居住地によって異なる国保保険料月額約6,000から8,400円)になる可能性の高い、国民年金・国民健康保険加入者だとして試算させていただきました。

ちなみに、年収141万円(交通費込月収11万7500円)で厚生年金・健康保険に入った場合、

厚生年金保険料 月額約1万1000円
健康保険料 月額約6800円
になります

(東京都平成28年9月分保険料額表より)。

1/2ページ

最終更新:9月5日(月)5時40分

マネーの達人