ここから本文です

ウォズニアキ全米8強、大坂破ったキーズは4回戦で力尽きる<女子テニス>

tennis365.net 9月5日(月)5時20分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は4日、女子シングルス4回戦が行われ、元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)が第8シードのM・キーズ(アメリカ)を6-3, 6-4のストレートで下し、2年ぶり5度目のベスト8進出を果たした。

【全米オープン女子対戦表】

この日、好調のウォズニアキはファーストサービスが入った時に80パーセントの高い確率でポイントを獲得。さらに9度のブレークチャンスから3度のブレークに成功し、1時間17分で勝利した。

準々決勝では、ノーシードのA・セバストバ(ラトビア)と対戦する。セバストバは4回戦で第13シードのJ・コンタ(英国)をストレートで下しての勝ち上がり。

元女王のウォズニアキは、全米オープンで2009・2014年に準優勝しており、2010・2011年にはベスト4へ進出。昨年は2回戦で敗退した。

今年は怪我をしたことが影響し、現在のランキングを74位まで落としているが、復活の兆しを見せている。

今大会は1回戦で予選勝者のT・タウンセンド(アメリカ)に苦戦するも逆転勝利、その後は2回戦で第9シードのS・クズネツォワ(ロシア)、3回戦でM・ニクルスク(ルーマニア)を下し、キーズとの4回戦へ駒を進めていた。

一方、敗れたキーズは3回戦で大坂なおみ(日本)と対戦し、ファイナルセットはゲームカウント1-5の崖っぷちから勝利を手にしていた。

tennis365.net

最終更新:9月5日(月)5時20分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。