ここから本文です

自己免疫疾患ってどんな病気? 敵は自分の分身、多臓器に症状

山陽新聞デジタル 9月5日(月)11時52分配信

 自己免疫疾患について、岡山赤十字病院(岡山市)の小山芳伸自己免疫疾患センター長・膠原病リウマチ内科部長に寄稿してもらった。



 2014年、岡山赤十字病院に自己免疫疾患センターが開設されました。「自己免疫疾患?」。どんな病気なのか、ピンと来ない方も多いかもしれません。しかし「膠原(こうげん)病」も「関節リウマチ」も自己免疫疾患に含まれると言えば、何となくイメージしていただけるでしょうか?

 膠原病やリウマチセンターは全国に多くありますが、「自己免疫疾患センター」は、当院だけのとてもユニークな組織です。ここには院内の多くの専門診療科が参加しています。膠原病リウマチ内科、腎臓内科、呼吸器内科、循環器内科、血液内科、消化器内科、総合内科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、精神神経科…。どうしてこんなに集まっているのでしょうか?

 今回から8回にわたり、自己免疫や免疫にまつわる話題を、各診療科のリレー形式で提供したいと思います。

 第1回は自己免疫疾患がどのような病気なのか、膠原病は? 関節リウマチは?…。このようなところを紹介させていただきます。

 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、「関節リウマチ」は関節が腫れ、痛み、壊されていく病気です。実は、この病気は「膠原病」の一つなのです。

 かつて病気は心臓病や腎臓病などのように、臓器単位で分類されていました。しかし、このような枠に入らない病気、つまり、一度に多くの臓器に病変がある疾患が明らかになってきました。1942年、病理学者のクレンペラーがこれらの病気を研究し、膠原線維(結合組織)に共通して病変があることを発見、「膠原病」と名付けたのです。「関節リウマチ」はその中の一つでした。

 その後、膠原病患者の血液中に、自分の体の構成成分を攻撃してしまう抗体や、リンパ球が発見されました。「自己免疫疾患」の中に含まれる病気であることがはっきりしたのです=図1。

1/2ページ

最終更新:9月5日(月)13時17分

山陽新聞デジタル