ここから本文です

リオ五輪出場 競歩谷井母校で報告会/富山

チューリップテレビ 9月5日(月)20時53分配信

 リオデジャネイロ・オリンピック男子50キロ競歩に出場した滑川市出身の谷井孝行選手がオリンピックが終わって初めて母校を訪れました。

 谷井選手は、応援に対する感謝の言葉を述べた上で、諦めないことの大切さを伝えました。
 谷井選手の母校・高岡向陵高校では、全校生徒およそ500人が谷井選手を拍手で迎えました。
 谷井選手は、4大会連続のオリンピックにメダル獲得を目指して出場。
 20キロ過ぎで2位グループから遅れ始め結果は14位に終わったものの、苦しいレース展開の中で最後まで粘り強く歩ききりました。

 「自分の目標には届かなかったが、諦めず歩けたことは自分にとっての財産になったし、後悔のないオリンピックにできた」(谷井孝行選手)

 リオオリンピックを競技人生の集大成に位置づけていた谷井選手。
 後輩から、東京オリンピックを目指すのかについて質問されるとー

「現段階では考えているほうに入っている。一年一年を勝負しながら目指していけたらいいと思います」(谷井孝行選手)

 谷井選手は、まずは来年の世界陸上で2大会連続のメダル獲得を目指すということです。

チューリップテレビ

最終更新:9月5日(月)20時53分

チューリップテレビ