ここから本文です

Apple Watchのオンライン在庫がさらに減少。スペシャルイベントで新型出ちゃう?

ギズモード・ジャパン 9月5日(月)20時20分配信

これはひょっとして「そういうこと」なのかもしれません。

ネタ元9to5Macによりますと、現在Apple Watchの在庫が店頭とオンラインで完売が目立つようになっているとのこと。一時的な在庫不足の可能性もありますが、国内のApple(アップル)オンラインストアをチェックしてみると、確かに日本市場でも「売り切れ」が目立ちます。

8月15日にも在庫減少をお伝えしましたが、さらに在庫不足が拡大しています。具体的にはどのくらい在庫不足になっているのか?を調べてみました。

AppleWatchは半数以上の26種中14種が売り切れ。どれにしようかな?なんて選べる状況ではなくなってきています。

AppleWatch Sportは22種中10種が売り切れ。やはり人気のあるカラー、バンドの売り切れが目立ちます。

憧れのApple Watch HERMESは12種中7種が売り切れ。なお、さらに憧れのApple Watch EDITIONは8種中2種が売り切れていました。

こう見ると本当に売り切れが目立ちますね。在庫処分的な空気も感じざるを得ません。やはりこれは、9月7日(日本時間8日)のスペシャルイベントでApple Watchがリニューアルされることを示唆しているのでしょうか? 確実ではありませんが、こういったときってその線も期待してしまいますよね。

現状の噂ですと、新モデルはGPSや気圧計、大容量バッテリーが搭載されるかも?といった性能アップが図られている様子。先日は新型Apple Watchと思われるパーツのリークもありました。

う~ん。Apple Watch購入を考えている方はもうちょっと待ってみたほうがいいかもしれませんね。

新モデルじゃなくてもいいかな…。って方もいるかと思いますが、新モデルが出ると旧モデルの価格が下がる!といった方程式もありますので。

source: Appleオンラインストア via 9to5Mac

(小暮ひさのり)

最終更新:9月5日(月)20時20分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]