ここから本文です

25年ぶりV迫る広島、“MVP争い”は大混戦!? 現時点での候補者は…

Full-Count 9月5日(月)13時18分配信

優勝マジック4、最短で7日V浮上の広島

 広島が25年ぶりのリーグ優勝へカウントダウンに入っている。4日のヤクルト戦(神宮)で4-3で逃げ切り勝ちし、8カード連続のカード勝ち越し。今季最多タイの貯金31。2位・巨人が敗れたため、優勝マジック4となった。

投打ともに好調が続く広島の投手・野手成績一覧

 6日から本拠地・マツダスタジアムに戻り、最下位・中日と3連戦。最短で7日にリーグ制覇となるが、一方で気になるのがリーグMVPの行方だ。ここで候補となりそうな選手の4日までの成績を見てみたい。

【投手】
〇ジョンソン
23試合登板、13勝6敗、防御率2.26、勝率.684、159回1/3、122奪三振

〇野村祐輔
22試合登板、13勝3敗、防御率2.87、勝率.813、134回2/3、80奪三振

【野手】
〇菊池涼介
125試合出場、打率.325、13本塁打、54打点、13盗塁、得点圏打率.352、4失策

〇丸佳浩
127試合出場、打率.292、17本塁打、83打点、21盗塁、得点圏打率.305、1失策

〇鈴木誠也
113試合出場、打率.336、24本塁打、85打点、15盗塁、得点圏打率.360、2失策

〇新井貴浩
117試合出場、打率.302、17本塁打、96打点、0盗塁、得点圏打率.353、4失策

節目の記録達成し、打点王に突き進む新井、勝負強い打撃見せている打撃陣

 投手ではジョンソン、野村が共にハーラートップ13勝をマーク。防御率ではジョンソンがリーグ2位、野村が同4位の好成績を残している。完投数ではジョンソンが3完投(うち2完封勝)に対し、野村は1完投(1完封勝)。昨季5勝8敗だった野村は米大リーグ・ドジャースへ移籍した前田健太の穴を埋める活躍を見せているが、成績面ではジョンソンが一歩リードしている。

 打者ではいずれも甲乙つけがたい成績を残している。4番・新井はサヨナラ打3本、決勝打13本を記録するなど勝負強い打撃でリーグトップの96打点。阪神時代の11年以来となる打点王へ突き進んでいる。今季中に2000本安打、300本塁打と節目の大記録も達成した。

 キクマル・コンビも上位打線で牽引している。2番・菊池はリーグトップの166安打を放ち、打率リーグ3位。8月7日の巨人戦(マツダスタジアム)では9回2死で澤村から同点弾。マジック18とした同25日の巨人戦(東京ドーム)でも同点の適時内野安打。再三ピンチの芽を摘む超人的な守備はもちろん、勝負所での思い切った打撃でチームを勢いづけた。

 3番・丸は全試合で3番スタメン。リーグ3位タイ75四球。同5位21盗塁でチャンスメークあり、決勝打13本を放つ勝負強い打撃あり。走攻守でチームを引っ張っている。

 また、チームのシンデレラ・ボーイとなったのが鈴木だ。6月17日からのオリックス3連戦(マツダスタジアム)ではサヨナラ弾、サヨナラ弾、決勝弾と3試合連続の決勝弾。この時に、緒方監督から「神ってる」と称賛されたが、この言葉は快進撃を続けるチームの象徴となっている。

 広島所属選手がシーズンMVPに輝けば、17勝、防御率2.44で投手2冠に輝いた1991年の佐々岡真司以来25年ぶりとなる。リーグ優勝は目前に迫っているが、MVPの座はまだまだ激しい競争が繰り広げられることになりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月5日(月)14時23分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]