ここから本文です

杉浦太陽、妻・辻希美との過去の衝突と“イクメンパパ”へのきっかけ明かす。「旦那さんの鏡」「素晴らしい」

E-TALENTBANK 9月5日(月)21時10分配信

3日放送の日本テレビ系「輝きYELL!」で俳優の杉浦太陽が、妻である元モー娘。・辻希美から受けたエールを明かす場面があった。

番組では、今活躍している芸能人の「エールをもらった言葉」と「前向きになれた瞬間のエピソード」を紹介している。今回のゲストには、芸能界きってのイクメンパパとして活躍する杉浦が登場。しかし、9年前に長女が産まれたばかりの頃は、積極的な育児が裏目に出て、辻とケンカばかりしていたと過去を振り返った。

杉浦は当時「なんで機嫌悪なるん? ノンを楽させようと思って、家事やってるやんか!」と、育児のことで揉めた際に、辻から言われた「せっかく一緒にいるなら笑顔でいよう」という一言で、育児に対して前向きに考えられるようになった明かした。

以降、育児を手伝う前には必ず辻に「今何をしたらいい?」と、聞くようにしているという。杉浦は「彼女に聞いて動くのが一番円満にいく秘訣だなって思いましたね。家のリズムっていうのは妻が持っているものなので。彼女のポリシーを尊重してあげながら語り合っていかないといけないのかなと気づきましたね」と続け、感慨深そうにコメントを残していた。

視聴者からはTwitterで「家事を手伝おうとするって偉すぎる」「杉浦太陽さんすごいな。家事を手伝う→何すればいい?ときく→家の事は妻のリズムだから!素晴らしい」「杉浦太陽、旦那さんの鏡だわ」などと、杉浦の真っ直ぐな姿勢に、称賛の声が寄せられていた。

最終更新:9月5日(月)21時10分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。