ここから本文です

「それぞれの車で現場」 郡山の男性殺害、容疑者立ち会い検証

福島民友新聞 9月5日(月)11時55分配信

 郡山市の山林で5月、警備員男性=当時(25)=の遺体が見つかった事件で、郡山北署捜査本部が殺人と死体遺棄の疑いで逮捕した同市、無職、容疑者男(26)が捜査本部の調べに対し、遺体が見つかった山林に「2人それぞれの車で向かった」と供述していることが4日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は容疑者が男性を殺害後、自分の車で山林から立ち去ったとみて詳しい経緯を調べている。

 捜査関係者によると、容疑者の車からは殺害された男性の血痕などは見つかっていない。男性の車は遺体の近くに放置されていたことや、男性が殺害されたとみられる前後に容疑者のものとみられる車が山林周辺で複数回目撃されていることから、男性と容疑者は別の車で山林に移動した可能性が高いとみて調べていた。

 捜査本部は4日、男性の遺体が発見された山林で、容疑者を立ち会わせて現場検証を行い、殺害、死体遺棄したとされる場所などを確認した。

福島民友新聞

最終更新:9月5日(月)11時55分

福島民友新聞