ここから本文です

山本まち・ひと・しごと創生担当相 YKK一部移転を「参考に」/富山

チューリップテレビ 9月5日(月)20時57分配信

 山本幸三まち・ひと・しごと創生担当大臣が、黒部市のYKKグループを視察しました。

 YKKは国の地方拠点強化税制を利用して本社機能を一部移転していて、山本大臣は、この事例のメリットや課題を今後の国の政策に生かす考えを示しました。
 4日来県した山本大臣は、5日、今年4月に開所したYKKグループの研究開発施設や、去年4月にリニューアルオープンした産業観光施設などを視察しました。
 YKKは、地方に本社機能を移転するなどした企業の課税を優遇する『地方拠点強化税制』の適用全国第1号で、すでに東京から人事担当部署などの一部が移転しています。
 懇談では、山本大臣が、YKKの本社機能の一部移転について、「メリットや課題を参考にして、今後の政策に生かしたい」と挨拶しました。
 これに対し、YKKからは東京から黒部市に異動した社員の声として、「移転で連携がスムーズになり仕事がやりやすくなった」、などの意見が紹介されたということです。
 また、「車がなければ移動が難しく交通インフラの整備が必要」などと、移転の成果だけでなく課題についても紹介があったということです。

 今回の視察の成果は、今後の国の地方創生推進策に生かされます。

チューリップテレビ

最終更新:9月5日(月)20時57分

チューリップテレビ