ここから本文です

クロップがビビった選手を明かす「彼のウォーミングアップを見ただけで愕然とした……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月5日(月)12時23分配信

アルゼンチンの英雄に愕然?

イングランドプレミアリーグのリヴァプールを指揮するドイツ人ユルゲン・クロップが元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏のトレーニングスタイルについて言及している。

英『Daily Mail』のインタビューに応じた49歳の名将は一部のズバ抜けた特殊能力を持つスタープレイヤーについて聞かれ、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバやかつてのナポリの英雄マラドーナ氏らを例に挙げながら、次のように話した。クロップは彼らの身体能力が驚異的なものだったと感じている。

「才能だけが全てではない。僕は自分の監督キャリアの中で、トレーニングでは絶対に手に入らないであろう特殊な身体的素質を有した選手をこの目で見てきた。ポール・ポグバもその1人さ。彼はこの夏の期間に様々なスポットに顔を出してはセルフィーを撮りまくっていた。そしてマンチェスター・ユナイテッドでは数回練習に参加しただけでサウサンプトン戦に90分出場している。なぜそんなことが可能なんだ。彼のようなタイプは特殊なのさ。ディエゴ・マラドーナも異常だった。僕が21歳の頃にシュツットガルト対ナポリの試合があったんだけど、彼のウォーミングアップを見ただけで愕然とさせられたね。彼はまったく集中せずにただジョギングしていただけなのに試合中はピッチを縦横無尽に走り回っていた。とても信じられないね」

ドルトムント在籍時代はゲーゲンプレスの提唱者として選手たちに多くの運動量を求めていたクロップだが、ポグバやマラドーナのフィジカルにはとても驚かされている。彼らのような一部の“特殊プレイヤー”にとって、身体を仕上げる準備期間はそれほど必要ではないのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月5日(月)12時24分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。