ここから本文です

「ヘヴィメタルは死と向き合う助けになる」という研究結果

ギズモード・ジャパン 9月5日(月)22時10分配信

やがて来る終わりのため、心の準備ができるのでしょう。

悪魔の音楽と思われがちなヘヴィメタルですが、鬱屈とした曲もあれば、明るい調子の曲もあり、数え切れないほどのサブジャンルも存在します。

Metal Injectionが取り上げたアメリカ心理学会のウェブサイトに掲載の調査報告によると、ヘヴィメタルを聞くことが人の死や人間が死ぬ運命に向き合う助けになるそうです。

この研究には30名の被験者が参加し、心理学的な質問を行う前にそれぞれオーディオブックかスレイヤーの「Angel of Death」の音源いずれかを聞かされています。

報告書の文章を抜粋してみましょう。

”ヘヴィメタルは、ファンではない人たちから死について演奏していると思われている節があります。しかしメタルを聞くと、鬱屈した気分や死に関する考えから逃避できる一助になると報告されているんです。

恐怖管理理論では、自尊心と文化的な世界観という象徴的なふたつの緩衝システムが、死への恐れを緩和する働きを構成しています。

しかし、いまだに未確認なのが、恐れを感じた後に文化的なアイテム(この場合はヘヴィメタル)がそうしたシステムへ直接、充分に干渉できるのかどうか? そして、その上また緩衝システムを使うべきなのか? さらに片方のシステムだけで足りるのか? そこの研究が不足していたのです。

メタルはファンたちが文化的なアイテムとして使用しているので、社会的な自己形成に役立つと考えました。

そこで今回は潜在的な測定値を使い、ヘヴィメタルが死への苦悩に対して文化的な世界観を与えることができるのか、2種類の調査を実施しました。

ひとつ目では死への恐怖を誘発した後に、メタル好きの人々は文化的な世界観を一定以上与える必要がなかったことが判明し、ふたつ目でも同様に、メタル好きにはメタルによる自尊心の増加は不要と判明しました。対してヘヴィメタルのファンではない人々は、まだ自尊心をより強く感じる必要があったのです。”

被験者の数が少々心もとないのと、オーディオブックの内容について書かれていないのが残念ですが、メタルヘッズは死への耐性がついており、苦悩からの立ち直りが早いということがわかったようです。

ホラー系やダーク寄りなヘヴィメタルを聞くと、自分が軽くダークサイドに堕ちてから、現実世界がどんなに明るく楽しいかを実感できる感情の浄化、つまりカタルシスが起こることがあり、この研究はそれに通ずるものを証明したと考えられます。

非メタラーにはピンと来ないと思いますのが......失恋後に松任谷由実さんの曲を聞いて泣いたら立ち直れた、みたいなことでしょうか?

image Metal Injection
source: APA PsycNET via Metal Injection

(岡本玄介)

最終更新:9月5日(月)22時10分

ギズモード・ジャパン