ここから本文です

キャラガーがバロテッリに強烈皮肉「ニースでバロンドールを獲れるように祈ってる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月5日(月)12時29分配信

元リヴァプールの英雄と舌戦

常に賛否両論を巻き起こす男に平穏の日々が訪れることはなさそうだ。今夏のマーケットでイングランドのリヴァプールからフランスのニースへと移籍したイタリア人FWマリオ・バロテッリが、元イングランド代表のジェイミー・キャラガー氏と激しい皮肉の応酬を繰り広げている。

バロテッリがリヴァプールで低調なプレイを披露したことが、偉大なるOBを怒らせてしまったのだろうか。キャラガー氏は先日、バロテッリのニース移籍について「たとえフリートランスファーで0円だとしても高いよ」とコメント。もちろんこれにバロテッリが黙っているはずはない。自身のtwitter上で「ジェイミー・キャラガーという男は最低のプレイヤーで憎まれ野郎だ」と応じた。するとキャラガー氏はさらに「バロテッリがニースでバロンドールを獲れるよう祈ってるよ」と強烈な“皮肉ツイート”でこれに応戦。延々と続く2人の元リヴァプール選手によるやり取りは多くのサポーターを悲しませているにちがいない。

これまでにもインテルやマンチェスター・シティ、そしてミランといったクラブで様々なトラブルを巻き起こしてきたバロテッリ。ようやく見つかった新天地ニースでは、本来彼が持っている才能をいかんなく発揮してほしいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月5日(月)12時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]