ここから本文です

添田豪が準優勝、決勝は途中棄権 [バンコク/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月5日(月)16時0分配信

 タイ・バンコクで開催されたATPチャレンジャーの「WIND ENERGY HOLDING バンコク・オープン 2016」(8月29日~9月4日/賞金総額5万ドル/ハードコート)に第1シードで出場していた添田豪(GODAIテニスカレッジ)が、決勝でブラズ・カブチッチ(スロベニア)と対戦。カブチッチが6-0 1-0の時点で添田がリタイアしたため、カブチッチの優勝が決まった。試合時間は35分。

杉田祐一と添田豪はともに2回戦で敗退 [全米オープン予選]

 今シーズンの添田は、7月のウィニペグ(ATPチャレンジャー/7.5万ドル/ハードコート)で今季初タイトルを獲得。全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では予選2回戦で、アクセル・ミション(フランス)に2-6 7-6(3) 4-6で敗れていた。

 そのほかの日本勢では、吉備雄也(ノア・インドアステージ)、内山靖崇(北日本物産)、関口周一(Team REC)、仁木拓人(三菱電機)がシングルスに出場。第8シードの吉備が8強入りを果たしたが、内山、関口、仁木の3人は初戦敗退に終わっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス決勝】

●1添田豪(GODAIテニスカレッジ)[1] 0-6 0-1 Ret. ○21ブラズ・カブチッチ(スロベニア)

------------

【シングルス準決勝】

○1添田豪(GODAIテニスカレッジ)[1] 6-3 6-2 ●14マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)

------------

【シングルス準々決勝】

○1添田豪(GODAIテニスカレッジ)[1] 6-4 6-3 ●8チェン・ティ(台湾)[6]

●17吉備雄也(ノア・インドアステージ)[8] 2-6 2-6 ○21ブラズ・カブチッチ(スロベニア)

------------

【シングルス2回戦】

○1添田豪(GODAIテニスカレッジ)[1] 6-2 5-7 6-4 ●4ブレイク・モット(オーストラリア)

○17吉備雄也(ノア・インドアステージ)[8] 6-4 6-0 ●20Jirat NAVASIRISOMBOON(タイ)[WC]

------------

【シングルス1回戦】

○1添田豪(GODAIテニスカレッジ)[1] 6-2 6-1 ●2Cem ILKEL(トルコ)

○17吉備雄也(ノア・インドアステージ)[8] 4-6 6-3 6-2 ●18仁木拓人(三菱電機)

●22内山靖崇(北日本物産)5-7 4-6 ○21ブラズ・カブチッチ(スロベニア)

●15関口周一(Team REC)6-7(5) 3-6 ○16リー・ジェ(中国)[5]

------------------------

【ダブルス準々決勝】

●8関口周一/内山靖崇(Team REC/北日本物産)3-6 6-3 [6-10] ○6ロイド・ハリス/アミル・ワイントラウブ(南アフリカ/イスラエル)

●14吉備雄也/松井俊英(ノア・インドアステージ/ASIA PARTNERSHIP FUND)6-7(4) 3-6 ○16セルゲイ・ベトフ/デニス・モルチャノフ(ベラルーシ/ウクライナ)[2]

------------

【ダブルス1回戦】

○8関口周一/内山靖崇(Team REC/北日本物産)6-4 6-4 ●7Cem ILKEL/マルク・ジーバー(トルコ/ドイツ)

○14吉備雄也/松井俊英(ノア・インドアステージ/ASIA PARTNERSHIP FUND)6-3 1-6 [10-7] ●13ジャリード・チャップリン/ベン・マクラクラン(オーストラリア/ニュージーランド)

------------------------

【シングルス予選決勝】

●16松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)[6] 6-7(4) 3-6 ○13コナー・ファーレン(アメリカ)[4]

------------

【シングルス予選1回戦】

○16松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)[6] 6-0 6-4 ●15Natthasith KUNSUWAN(タイ)[WC]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月5日(月)16時0分

THE TENNIS DAILY