ここから本文です

女子学生、農業の魅力体験 福島県郡山、ブルーベリー畑で農作業

福島民友新聞 9月5日(月)18時36分配信

 郡山女子大家政学部食物栄養学科の学生らは5日、JA福島さくらと連携して、郡山市西田町にあるブルーベリー畑で農業体験に取り組んだ。

 高齢化や担い手不足で遊休農地の増加が懸念される中、農業体験や研修を通じて農業の魅力を知ってもらい、遊休農地の活用や担い手の確保などにつなげようと企画した。

 学生約70人が参加。JA郡山市農業受委託の社員らから指導を受けながら、約3千平方メートルのブルーベリー畑で除草や支柱立てに取り組んだ。

 同大とJA福島さくらは8月に包括的連携協定を締結、農業振興や人材育成に向けた連携を進めている。

福島民友新聞

最終更新:9月5日(月)18時36分

福島民友新聞