ここから本文です

キリオスが故障でプレーを断念、マーチェンコが4回戦へ [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月5日(月)17時0分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている 「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス3回戦。

錦織、マウに逆転勝利も本領発揮にいまだ至らず [全米オープン]

 第14シードのニック・キリオス(オーストラリア)は第1セットの終盤に早くも右腰を曲げ伸ばしし、故障のサインを見せていた。それからある激しいプレーのあと、彼はボールを追って体をスライドさせ、サイドライン上で膝をつくことになった。

 その少しあと、キリオスはふたたび腰をストレッチしようとし、それからメディカル・タイムアウトをとってトレーナーの治療を受けた。プレーを再開したものの、彼の動きが悪くなっていることは明らかだった。そして最終的に、6-4 4-6 1-6となったところでキリオスはもはや続行は不可能と判断。世界ランク63位のイリヤ・マーチェンコ(ウクライナ)に初のグランドスラム4回戦進出を許したのだった。

「1、2回戦から腰の痛みに煩わされていたが、なんとか切り抜けてきた」と試合後、キリオスは言った。「いずれにせよ、時間の問題だったのだろう」。

 キリオスは今季のより早い時期にも、腰の故障に対処しなければならなかった。

「この手の問題をなくすため、ジムワークやケアなどをより入念に、より時間をとって行わねばならないだろう」と、コート上の気分のムラと天賦の才で知られる21歳のキリオスは言った。

 マーチェンコは4回戦進出という殊勲について興奮を隠そうとしなかった。彼は試合後のオンコートインタビューで、アーサー・アッシュ・スタジアムの観客に向かって「4回戦進出だ!オー・マイ・ゴッド!」と叫んだ。

 彼は次のラウンドで、第3シードでグランドスラム大会優勝2回のスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦する。

「彼(ワウリンカ)とは今季すでに一度プレーしている。彼は僕を完全に圧倒したよ。すべてにおいて僕を凌駕して」とマーチェンコは言った。彼はインディアンウェルズ(3月)のハードコートで、ワウリンカに3-6 2-6で敗れている。

 キリオスは必ずしも彼らしくない、落ち着いたベースラインプレーをしていたにも関わらず、「感触のよくない」ワイドなフォアハンドを数本打ち、9ゲームが過ぎたあたりで痛みのサインを見せ始めた。

 第2セット2-2のときにキリオスはマーチェンコが放ったシャープなアングルショットを拾うため前方にダッシュし、ぎりぎりで体を伸ばして辛うじてラケットでボールをすくうとそれをネットの向こうに沈ませ、バックスピンのかかったほとんど止まるようなボールでそのポイントをつかんだ。しかし、走った勢いで、キリオスはほとんど主審の椅子の近くまで滑り、彼は左膝をコートで擦って血まで滲ませながらコートに膝と手を突くことになった。

 第2セットでブレークされて4-5とリードされたあと、キリオスはまた腰を曲げ伸ばしし、ストレッチするような動きを見せた。

「こういう問題を抱えてプレーするのは、精神的にきつい」と彼はのちにこぼしている。

 そのセットが終わったとき、キリオスはトレーナーとともにロッカールームに向かったが、治療後も状態は改善しなかった。彼はポイント間にほとんど動かず、トレーナーを呼び、ののしり声を挙げ、一度などはまるでバスにはねられたかのようにうめき、そういったことに第3セットの大部分を費やした。

「ただイラついているのか、故障の痛みが本当に彼を苦しめているのか、決してわからないから、僕はただ集中し続けるよう努めていた」とマーチェンコ。

 第3セットで1-4となったとき、キリオスはコートサイドの自分の椅子に恐る恐る慎重な動作で座り、トレーナーと話している間、タオルで頭を覆っていたのだが、そのあとは涙をにじませているように見えた。そしてその数ゲーム後、彼は棄権を決めた。

「僕は今、少しショックを受けている」----白いドクロと星のあしらわれた赤いシャツを身につけたマーチェンコは、試合直後にこう言った。

「ニックのために、本当に残念に思う。こんな形で勝ちたくはなかった……でも、勝利は勝利だ」(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 03: Nick Kyrgios of Australia retires against Illya Marchenko of the Ukraine during his third round Men's Singles match on Day Six of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 3, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Alex Goodlett/Getty Images)

最終更新:9月5日(月)17時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]