ここから本文です

「君じゃなくて、審判のせいだから」 初先発で退場処分になったディバラに送ったメッシの言葉

theWORLD(ザ・ワールド) 9/5(月) 14:10配信

憧れの選手から慰めの言葉受けたディバラ

念願のアルゼンチン代表初先発、しかもピッチには憧れの選手リオネル・メッシがいる。パウロ・ディバラにとって1日のウルグアイ代表戦は夢のような時間だった。しかし、ディバラは2枚のイエローカードを受けて退場処分に。普段からファウルをするような選手でもないため、余計に衝撃的な一戦となってしまった。

ディバラはかなりショックを受けていたが、これに憧れのメッシが慰めの言葉をかけてくれたようだ。スペイン『MARCA』によると、ディバラはメッシが自分のせいではなく、悪いのは全て審判だと言ってくれたことを明かした。

「メッシは僕に落ち着くよう言ったんだ。こういうことは起こるものだとね。そしてこれは僕のせいではなく、審判のせいだと」

「僕はメッシとのプレイを楽しんだよ。審判が僕を退場にするまではね。僕は彼を助けようとした。彼はリーダーだからね。彼とプレイするのは本当に信じられないことだったよ」

「僕たちはトレーニングからどう動くかを話していて、僕のポジションはメッシの動きに左右される。彼が中央に行けば僕はサイドに行く。僕はメッシと一緒にプレイしたことはなかったけど、僕の夢は一緒にプレイすることだった。それをやったんだ」

ディバラを退場させた判定にはアルゼンチンの選手も不満だったようで、メッシなりの慰めの言葉をくれたようだ。ディバラは落ち着くことができたと語っていたが、今度はメッシとのプレイを90分間思う存 分楽しんでもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/5(月) 14:10

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]