ここから本文です

iPhone 7のパッケージ画像が流出? 過去に登場したiPhone 7/7 Plusの仕様書やパッケージと比べてみよう

ギズモード・ジャパン 9月5日(月)23時40分配信

これで全部…かな。

iPhone 7/7 Plusの仕様書やiPhone 7 Plusのパッケージ画像が流出したのに続き、最後のピースを埋めるべくiPhone 7のパッケージと思われる画像が流出しました。

Apple Insiderに掲載された画像よると、このiPhone 7は256GBモデル。

さらに、パッケージには純正無線イヤホン「AirPods」の文字も確認できます。このAirPodsは以前にも流出資料から発見されている製品で、Apple(アップル)が買収したBeatsが開発しているともいわれているんです。

今回の画像は説明がシールで貼り付けてあったり、説明文の書き方(センター寄せ)も従来とは異なっています。さらに、以前流出した仕様書とも内容が異なっています。一体どれが正しいの…とお嘆きのあなたのために、ここで情報を整理してみましょう。

iPhone 7/7 Plusの仕様書

まず、これらはiPhone 7/7 Plusのものとされる仕様書です。これらには「AirPods」の表記は見られず、逆に「Lightningイヤホン/Lightningからイヤホンジャックへのアダプター」を同梱するとの表記が…。

iPhone 7ではイヤホンジャックがなくなり、イヤホンはLightningポート経由で接続することになるとうわさされています。そこで純正イヤホンはLightning仕様に、そして他社製イヤホンを接続するためにアダプターが付属するというわけです。低コストかつシンプルなやり方ですね。

iPhone 7 Plusのパッケージ

一方、iPhone 7 Plusのパッケージには、今回の流出画像と同じく「AirPods」の文字がありますね。また、細かいパッケージの形式も、今回の流出画像と同様です。純正で無線イヤホンが付属すればスマートですが、そのコストや「他社製イヤホンをどうやって接続するの?」といった疑問も湧いてきます。

なお、Beatsは日本時間9月8日の午前2時から始まるアップルの新製品発表イベントで「新製品を発表する」と、間違えて早くメールしてしまったことが判明しています。はたしてこれが、別売りされる「AirPods」なのかどうか…。すべての疑問は、イベント当日に解決されることになるでしょう!

source: Apple Insider

(塚本直樹)

最終更新:9月5日(月)23時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]