ここから本文です

フランス勢が大活躍、ツォンガ、モンフィス、プイユが準々決勝進出 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月5日(月)18時1分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている 「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス4回戦で、第9シードの ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が第26シードのジャック・ソック(アメリカ)を4セットの戦いの末に下し、2年連続の準々決勝進出を決めた。

プイユがナダルとの4時間超の試合を制し、グランドスラム2大会連続8強入り [全米オープン]

 第3セットのタイブレークでひとつあったマッチポイントを決め損ねたあと、ツォンガは第4セットでソックを圧倒し、6-3 6-3 6-7(7) 6-2で勝利を収めた。

 ツォンガは試合後、「3セット目を落としたことによる精神的な悪影響はなかったよ。すぐに戦いに戻らなければならなかったからね。ソックは母国で多くの観客を味方につけての試合だったし、いいプレーをしていた。僕には後悔することは何もない」と言った。

「ただ勢いに乗って続けるだけだった。僕は自分のやるべきことを続け、おかげで勝つことができたんだ。大会の出だしから気分も調子もいい。すごく満足しているよ」

 勝ち残っていた唯一のアメリカ人男子プレーヤーだったソックは、自身初のグランドスラム大会準々決勝進出を狙っていた。2011年以降、全米オープンの男子シングルスでベスト8に進出したアメリカ人はいない。

 ソックは3回戦で2014年全米覇者のマリン・チリッチ(クロアチア)を、一度もブレークポイントに直面することなく下したが、この日はサービスエースも5本にとどまり、6度にわたってサービスをブレークされた。

 2008年全豪準優勝者のツォンガにとって、全米は少なくとも準決勝に進出していない、唯一のグランドスラム大会だ。

 ツォンガは準々決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と21歳のカイル・エドマンド(イギリス)の勝者と対戦する。このふたりの試合がどうなることを望むかと聞かれたツォンガは、「(疲れるように)本当に、すごく、すごく長い試合」とジョークを言った。

 また、ジョコビッチが勝ち上がってきた場合の対策については、「彼が相手の場合は、特に正しい選択をしないとね。彼にイージーポイントを与えないようにしなければいけない」と話した。

「優勝候補は誰か? 難しいね。可能性を持った選手は数人いる。マレーとジョコビッチが優勝候補だが、野望を持っているのは彼らだけじゃない。彼は今、いわゆる絶好調ではないが、それでも今年多くの勝利を挙げている」

 より早い時間に行われた4回戦では、第10シードのガエル・モンフィス(フランス)がマルコス・バグダティス(キプロス)を6-3 6-2 6-3で下し、準々決勝に駒を進めた。

「いい試合ができたと思う。戦略をしっかり準備し、いいスタートを切った。風がよりあった分、3回戦のときと違うコンディションにも順応できた」と試合後のモンフィス。「今のところうまく進んでいるが、フォアハンドにやや思いきりが足りなかったし、よりアグレッシブにいくべきショットで少しためらいがあった。僕はまだ100%の状態じゃない」と現状を分析した。

 一方、バグダティスはこの試合のエンドチェンジの間に、携帯電話を使った角で審判から警告を受けた。

 2006年全豪オープン準優勝者のバグダティスは、第2セットで1-4とリードされていたときに、コートサイドの椅子に座り、膝の上にあった白いタオルの近くで携帯電話をいじくり始めた。

 ルールでは試合中に携帯電話を使うことは禁止されており、主審のアリソン・ヒューズは、彼が何をしているかに気づいた。後にバグダティスは、妻にメッセージを送ろうとしていたと記者たちに話している 

 なお、より遅い時間の4回戦でも、さらにフランス人が活躍した。第24シードで22歳のルカ・プイユが、ラファエル・ナダル(スペイン)を6-1 2-6 6-4 3-6 7-6(6)の大接戦の末に破るという金星を挙げた。これはプイユにとってキャリア3度目の5セットでの勝利で、そのすべてがここ3試合で起きている。

 この日はツォンガ、モンフィス、プイユのフランス人3人がベスト8進出を決め、フランスにとって吉日となったが、準々決勝ではモンフィスとプイユが対戦することになるため、次のラウンドでは、最低でもひとりが脱落することになる。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 04: Fans gather outside of Arthur Ashe Stadium during the fourth round Men's Singles match between Rafael Nadal of Spain serves to Lucas Pouille of France on Day Seven of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 4, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Alex Goodlett/Getty Images)

最終更新:9月5日(月)18時1分

THE TENNIS DAILY