ここから本文です

セレナがグランドスラム307勝目を挙げ、ナブラチロワを抜き、男子のフェデラーと並ぶ [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月5日(月)20時0分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の6日目、女子シングルス3回戦。

ウイリアムズ姉妹が揃って4回戦へ、プリスコバとコニュはグランドスラム初の16強 [全米オープン]

 23番目のグランドスラム・タイトルを狙うセレナ・ウイリアムズ(セレナ)の右肩の炎症は、大丈夫なようである。「間違いなく、しっかりプレーできていると感じるわ」とセレナ。

 彼女自身やコーチの言葉を引用するまでもなく、その証拠はたくさんある。セレナが世界ランク47位のヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を6-2 6-1で粉砕して4回戦進出を決めたときの、圧倒的なプレーがそれを証明している。

 それはセレナにとってグランドスラム大会で307勝目となる勝利だった。テニスがオープン化された1968年以降の記録で見ると、女子の最多記録を持つマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)を追い越し、男子の最多記録を持つロジャー・フェデラー(スイス)と並ぶ数字だ。

 セレナはあるサービスで時速195kmを記録し、6本のエースを奪い、今週のサービスエースの合計を「31」に伸ばした。直面したブレークポイントは一度だけで(これは彼女にとって今大会初)、彼女はそれを首尾よくしのいでみせた。また、彼女はリターンエースを7本決め、ウィナーはラーションの5本に対して24本を記録した。

「テニスに関していえば、すべての面において非常に満足のいくものだったと思う。もちろん完璧ではないが」と、セレナのコーチであるパトリック・ムラトグルーは言った。「ここ2ヵ月、あまり試合をプレーできていなかった者にしては上出来だし、競争力があると思う」。

 いまや、その言い方では控えめという印象すら与える。

「痛みはないはずだ。もしかしたら少しは感じているのかもしれないが、私は彼女の肩の中にいるわけではないからわからないね。でも見たところ、通常通りにプレーしている。サービスもだ。練習で彼女は通常できている通りの質の高いサービスをフルパワーで打っている」とムラトグルーは言う。

「だから問題があるようには見えない。それに彼女は痛み云々について口にしてもいないよ。今、事はコントロール下にあるんだと思うね」。

 これは、セレナの次の対戦相手である世界ランク52位のヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)にとっては凶報だろう。シュウェドワはジャン・シューアイ(中国)を6-2 7-5で倒し、全米初の4回戦進出を決めた。

 セレナのシュウェドワに対する過去の戦績は4勝0敗だ。

 シュウェドワはオープン化以降の記録で初の“ゴールデン・セット”を成し遂げたことで知られる選手である。彼女は2012年のウィンブルドンで、サラ・エラーニ(イタリア)に対して第1セットの24ポイントのすべてを取ったのだ。

「彼女(シュウェドワ)は危険な選手だ」とムラトグルーは言う。「でも、セレナはよりいっそう危険だと思うね」。

 ラーションもおそらくそれには同意するだろう。

「コートに出た以上は、勝つための方法をどうにか見つけ出そうとするものよ」とラーションは言った。「でも、ときに望んでいることは起きないのよ」。

 ムラトグルーはセレナの肩に痛みが出始めたのは、ウィンブルドンの1、2日あとだったと言う。セレナはウィンブルドンで優勝し、シュテフィ・グラフ(ドイツ)が持つオープン化以降のグランドスラム大会最多優勝数「22」とタイの記録を挙げ、姉ビーナスと組んで女子ダブルス優勝も遂げている。

 土曜日に行われた3回戦はセレナにとってこの全米で初めての日中の試合であり、そのため彼女は新しいテニスウェアをデビューさせた。ネオンピンクのアームカバー付きの白いドレスだ。彼女はそれを「私の“ワンダー・ウーマン風”の袖」と呼んだ。

「このデザインは特に、スーパーヒーロー的な雰囲気のあるデザインだと感じるの」とセレナ。「すごくパワフルで強いキャラクター、気骨とでもいう感じを持つけれど、同時に柔らかであることも恐れない、とでも言えばいいのかしら」。

 月曜日に行われる女子シングルスの4回戦のカードはほかに、セレナの姉ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)対第10シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第5シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)対第11シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)、第4シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)対アナ・コニュ(クロアチア)となる。

 ビーナスは土曜日の3回戦で、第26シードのラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-1 6-2と、難なく倒して4回戦に進んだ。彼女がいるドローの側にグランドスラム大会で優勝経験があるのは、「ウイリアムズ」の苗字を持つふたりだけである。つまり、この姉妹は準決勝で対戦する可能性があるのだ。昨年の全米では準々決勝で対戦し、セレナがビーナスを破っている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 03: Serena Williams of the United States prepares to walk on court prior to her match against Johanna Larsson of Sweden in the third round Women's Singles match on Day Six of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 3, 2016 in the Queens borough of New York City. (Photo by Chris Trotman/Getty Images for USTA)

最終更新:9月5日(月)20時0分

THE TENNIS DAILY