ここから本文です

メタリカの歴史をひもとく爆音上映

Lmaga.jp 9月5日(月)21時16分配信

世界で最も影響力を持つメタルバンドの最高峰・メタリカ。2013年に全世界で公開されたライブ映像満載の映画『メタリカ スルー・ザ・ネヴァー』が、大阪の「Zepp Namba」(大阪市浪速区)と東京の「Zepp DiverCity」(東京都江東区)で10月14日、1夜限定で爆音上映される。

前作『DEATH MAGNETIC』以来8年ぶりとなるファン待望の新作『HARDWIRED…TO SELF-DESTRUCT』が、11月28日に発売予定の彼ら。その新作を記念して行われる上映会では、「Creeping Death」「Master Of Puppets」「Battery」「One」「Enter Sandman」などメタリカの歴史、ひいてはメタルの歴史を彩るラインアップが、ライブ会場ならでは大音量で体験できる。

物語としては難解な要素もながらも、これまでのメタリカの歩みをちりばめた心憎い演出を楽しんだり、同時進行でデイン・デハーン演じるライブクルーが巻き込まれる意味ありげな事件を勘ぐってみたり、とファンにとっては見どころがたくさん。チケットの一般発売は9月14日から(前売:センター・シート3,900円、一般席2,900円 ※ドリンク代500円別途要)。

最終更新:9月5日(月)21時0分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。