ここから本文です

【深ヨミ】『アイドリッシュセブン』、CDセールス初週売上げまとめ

Billboard Japan 9月5日(月)11時20分配信

 9月5日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、RADWIMPS『君の名は。』とIDOLiSH7『アプリゲーム『アイドリッシュセブン』IDOLiSH7 1stフルアルバム「i7」』(以下『i7』)が首位争いを展開。結果は『君の名は。』に軍配が上がったが、『i7』はその存在感を見せつけたと言える。

 『i7』は、スマートフォン向けリズムアクションゲーム『アイドリッシュセブン』に登場するアイドルグループ、IDOLiSH7による1stフルアルバム。これまでゲームの中で発表してきた楽曲を収録している作品だ。この『アイドリッシュセブン』には、他にもTRIGGER、Re:valeといったアイドルユニットが登場しており、人気男性声優が演じていることから女性に人気のゲームになっている。

 これまでに『アイドリッシュセブン』関連のシングルは5枚リリースされている。今回は、SoundScan Japanのセールスデータからそれらの作品の初週売上げを調査した。
2015/12/02リリース シングル
『MONSTERGENERATiON』IDOLiSH7 14,225枚
2015/12/02リリース シングル
『SECRET NIGHT』TRIGGER 15,551枚
2016/05/11リリース シングル
『恋のかけら』MEZZO” 18,009枚
2016/06/22リリース シングル
『SILVER SKY』Re:vale 14,474枚
2016/07/07リリース シングル
『NATSU☆しようぜ!』IDOLiSH7 21,013枚
 シングルの最高初週売上げは『NATSU☆しようぜ!』の21,013枚。『i7』は45,557枚をセールスしており、アルバムにも関わらず1番の初週売上げを記録した。この要因として考えられるのは、『i7』のリリースを心待ちにしていたファンが多かったことや7月から8月にかけて新たなファンを多く獲得したということだ。『アイドリッシュセブン』は、リリースから1年が経ち、『あらいぐまラスカル』とのコラボ企画やアニメ化の決定、ゲームの第3部ストーリー配信、全グループの新作MV制作など新企画がアナウンスされた。これから先、さらにファンを増やし続けて、CDセールスを伸ばしていくことを期待したい。

最終更新:9月5日(月)11時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。