ここから本文です

クリス・ブラウン釈放直後に新曲公開、ジャスティン・ビーバーが8つのギネス記録に認定、ザ・チェインスモーカーズ2週目の首位:今週の洋楽まとめニュース

Billboard Japan 9月5日(月)11時20分配信

 今週の洋楽まとめニュースはクリス・ブラウンの話題から。2009年にもリアーナへの暴力事件で世間を騒がせたクリス・ブラウンが今週、凶器による暴行の疑いで逮捕された。しかし、同日遅くには保釈され、釈放から24時間も経たないうちに「What Would You Do」という新曲を公開し、更に話題となった。新曲はその公開タイミングやタイトルからも、注目を浴びた同事件への回答のように見えなくないが、歌詞はもっともブラウンお馴染みのロマンティックなものに仕上がっている。なお、クリス・ブラウンの来日公演は今月の26、27日に予定されている。

クリス・ブラウン、釈放から1日足らずで新曲公開
クリス・ブラウンが米モデルへの暴行容疑で逮捕

 ジャスティン・ビーバーが8つの新ギネス世界記録を保持することが明らかになり、先日、ニューヨークで行ったマディソン・スクエア・ガーデン公演の前にギネスのスタッフチームから認定証を受け取った。Spotify(スポティファイ)で1週間に最も多くストリーミングされた曲、Spotifyで1週間に最も多くストリーミングされたアルバム、2015年12月に記録した米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で同時ランクインした最多曲数など、音楽ストリーミング配信サービスSpotifyでの功績やヒットチャート制覇によるもので、合わせて8つの『ギネス世界記録 2017』に認定された。

ジャスティン・ビーバー、ギネス世界記録で8タイトル獲得

 今週の米ビルボード・ソング・チャートは、先週、自身初のNo.1を獲得した、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が、2週目の首位をキープした。更に各ポイントを伸ばし、ダンス・チャートでも首位を獲得した「クローサー」。先週4位だった、UK(英国)チャートでは3位に、カナダでは2位まで上昇し、オーストラリアではNo.1をマークしている。28日に開催された【MTV ビデオ・ミュージック・アワード】に出演し、ゲストシンガーのホ―ルジーと見事なパフォーマンスを披露したことから、次週はさらに、セールス、ストリーミング・ポイントが上昇することが予想される。

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズ&ホールジーが2週目の首位に、ショーン・メンデス新曲がTOP10入り
チェインスモーカーズが“Hot 100”連覇、ビートルズ&プレスリーに続く快挙誕生も

 替わって、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、R&Bシンガー、フランク・オーシャン待望の新作『ブロンド』が、自身初の首位デビューを飾った。昨年からリリースの告知がされたり、結局出なかったりと、情報が定まらなかったフランク・オーシャンの2枚目のスタジオ・アルバム『ブロンド』。8月19日に“ヴィジュアル・アルバム”として『エンドレス』が先に発売され、その翌日となる20日に、ようやく本作『ブロンド』が、いわゆるサプライズ・リリースという流行に則った形となった。

【米ビルボード・アルバム・チャート】フランク・オーシャンが驚異の初動枚数で自身初の首位デビュー

 今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”は、バーズ&メロディの「ホープフル」が、2週目の1位をキープした。日本デビュー・アルバムのリリースに合わせ、全国のラジオでパワープレイされ、今週もTOP5圏内にランクイン。来日効果をうけ、今週はTwitterポイントも大量に稼ぎ(洋楽勢2位)再び1位をマークする結果となった。1位と接戦だったものの2位に停滞のヘイリー・スタインフェルド「ラヴ・マイセルフ」をはさみ、3位にはファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ガールズ・トーク・ボーイズ」が初登場を果たした。

バーズ&メロディが2週目の洋楽チャート首位を死守、5SOSが3位に初登場

今週のその他の注目ニュース

ブラック・アイド・ピーズ、銃暴力反対ソングのため再集結
アヴィーチー、“引退前”最後のショーをイビサ島で敢行
LAに現れた謎の巨大広告、カニエとドレイクのコラボ間近か
約10,000人がハリー・ポッターの魔法に、フィルムコンサート開催
UK新世代のスター、イジー・ビズの来日公演が来年1月に延期

最終更新:9月5日(月)11時20分

Billboard Japan

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。