ここから本文です

尾崎裕哉 自身の名義では初となる作品『始まりの街』配信リリース

Billboard Japan 9/5(月) 14:55配信

 尾崎裕哉名義としては初の作品として、2016年9月5日に1stシングル『始まりの街』が先行配信リリースされた。

 タイトル曲は、母から「お父さんがいなく、寂しい思いをさせてしまってごめんね」と言われたことに、「いや、そんなことはない、僕は幸せさ」という想いを伝えるために書き下ろされた。その歌詞には、過去から現在そして未来までも見つめ、 前を向いていく尾崎裕哉の真っ直ぐな姿勢が投影されており、大切な人を持つ多くの人が共感できる内容となっている。7月16日に放送されたTBSの大型音楽番組『音楽の日』では、父の名曲「I LOVE YOU」と共に生放送でパフォーマンスされ、同番組の瞬間最高視聴率を記録した。

 なお、現在はiTunes Store、Apple Music、レコチョクにて先行配信されており、9月9日からはその他の主要配信サイトでの一斉配信がスタートする。



◎1stシングル『始まりの街』
2016/09/05 DIGITAL DISTRIBUTION
iTunes Store:http://apple.co/2bY1aGy
レコチョク:http://bit.ly/2crPK2l

最終更新:9/5(月) 14:55

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]