ここから本文です

乃木坂46 倍率は約4,082倍! 応募者48,986人から選ばれた3期生メンバー12名決定

Billboard Japan 9月5日(月)14時55分配信

 乃木坂46の3期生メンバーとして、およそ4,082倍以上の過去最高の倍率を勝ち抜いた12名が加入。これによりグループの総勢は47名となった。

乃木坂46 第3期生合格者写真

 およそ3年ぶりとなった今回の3期生オーディションには、1期生38,934人、2期生16,302人の応募を大きく上回る48,986人というグループ史上最多の応募があった。審査は書類審査、13都市での各地方審査、3次審査、4次審査、最終審査の5回に分けられ、最終審査は2016年9月4日に都内で実施。ファイナリストに残ったのは13名だったが、1名が辞退したため、12名のファイナリストから全員が合格という結果になった。

 合格発表後の囲み取材では、岩本蓮加が「乃木坂46の3期生に選ばれたことの実感が湧きませんが、この3期生メンバー全員で大変なことを乗り越えていきたいです」と意気込みを語り、誕生日を迎えた直後だった向井葉月は「この合格発表が最高の誕生日プレゼントです。ファンの方々に3期生が入って良かったと思われるように頑張ります」と合格の喜びを語った。

 また今回のオーディションでは、大手出版社各誌とコラボレーションした特別企画を実施。オーディションを各誌の担当者が見学し、合格者の中から選出したメンバーに各誌特別賞が与えられ、選ばれたメンバーには雑誌に登場する権利が与えられるというものだった。「anan賞」を獲得した中村麗乃は「今日最終審査で、泣いちゃってダメだと思いました。でもこれから精一杯頑張ります」と語り、「non-no賞」を獲得した佐藤楓は「まだ実感が湧きません。周りのお友達や家族に恩返しできるように頑張っていきます」と緊張の様子を語った。

 そして「週刊ヤングジャンプ賞」をはじめ最多の5つの賞を獲得し、暫定のセンターである大園桃子は「何もできないのに、受かったのが不思議。これから頑張ります」と困惑し切りで会場の笑いを誘っていた。



◎乃木坂46第3期生合格者プロフィール
01・中村麗乃(ナカムラレノ)/14歳/東京都
03・大園桃子(オオゾノモモコ)/16歳/鹿児島県
04・山下美月(ヤマシタミヅキ)/17歳/東京都
05・阪口珠美(サカグチタマミ)/14歳/東京都
06・吉田綾乃クリスティー(ヨシダアヤノクリスティー)/20歳/東京都
07・向井葉月(ムカイハヅキ)/17歳/東京都
08・岩本蓮加(イワモトレンカ)/12歳/東京都
09・与田祐希(ヨダユウキ)/16歳/福岡県
10・久保史緒里(クボシオリ)/15歳/宮城県
11・伊藤理々杏(イトウリリア)/13歳/沖縄県
12・梅澤美波(ウメザワミナミ)/17歳/神奈川県
13・佐藤楓(サトウカエデ)/18歳/愛知県

◎メンバー写真の並び順
<集合写真>
・二列目
吉田 中村 伊藤 山下 与田 梅澤 佐藤
・一列目
岩本 向井 大園 久保 阪口
<個人写真>
上記番号順

最終更新:9月5日(月)14時55分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。