ここから本文です

“史上最低の曲”と批判浴びたレベッカ・ブラックが新曲公開

Billboard Japan 9月5日(月)18時15分配信

 米ポップシンガーのレベッカ・ブラック(19)が、「The Great Divide」という新曲のミュージックビデオを米ビルボードにてプレミア公開した。

 2011年にYouTubeで公開した「Friday」が“史上最悪の曲”などといった批判を集めて話題となり、一躍インターネット・スターとなったレベッカ・ブラック。今回の新しいビデオは、当時批判した人々に間違いだったと証明するため、完璧なものにしようと制作に1か月を費やしたそうだ。

 ブラックは目を潤ませながらこう話している。「みんな間違ってると証明したかったけど、今はもう自分の中にしまってあるから誰にも求めないわ。すごく嬉しいのは4、5年間ずっと私から離れないでいてくれた人がいることよ。みんなエキサイティングで、私に対して辛抱強いの。だからビデオをスタートさせる前にみんなにお礼が言いたかったわ」



◎Rebecca Black - The Great Divide (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=28&v=sg4mUAQb17Q

最終更新:9月5日(月)18時15分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。