ここから本文です

ベッテル「いつかは分からないが、いずれ『僕らの車が一番』と言える日が来る」:イタリア日曜

オートスポーツweb 9/5(月) 8:51配信

 2016年F1イタリアGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3位だった。

2016年第14戦イタリアGP予選 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=3位
 もちろんチーム全員にとっていい結果だと思うからすごくうれしい。僕らにとって特別なレースだ。モンツァで表彰台に立つことができて、最高の気分だよ。

 でもドライバーはいつだって表彰台の一番上に立つことを目指している。ライバルたちはいい仕事をしたね。決勝での彼らは別カテゴリーで走っているようだった。

 僕らは最善を尽くそうと努力し、自分たちにとって完璧な結果を出した。今週末は全体的にスムーズに進行し、マシンには何の問題も発生しなかった。エンジンのアップデートを導入することができたので、頑張ってくれたマラネロのスタッフたちに「ありがとう」と言いたい。

 状況が変わりつつあると感じる。時間はまだ少しかかるだろうけど、正しい方向に進んでいる。今日のような一日を過ごすと、人生は楽しむためにあるんだと理解する。信じられないほど熱心に応援してもらった。うまく言い表す言葉が見つからないけれど、僕らのファンは世界一だ。表彰台の下はアドリア海ではなくてティフォシの海だった。 

 完璧とは言えないシーズンを送ってきた。大きな期待を抱き、自分自身に強いプレッシャーをかけている。ミスもした。でも一番大事なのは、チームがひとつでいることだ。まだたくさんレースが残っている。僕らのマシンは優れている。ただ「どこよりも優れたマシンだ」と言うにはまだ速さが十分じゃない。でもいつかそう言える日が来るはずだよ。 

(トップ3記者会見で語り)フェラーリはいつか復活すると信じている。それがいつとは約束はできないけど、いずれその日は来る。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/5(月) 8:54

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革