ここから本文です

ウイリアムズ「ランキング4位の座を取り戻すことができてうれしい」:イタリア日曜

オートスポーツweb 9月5日(月)10時6分配信

 2016年F1イタリアGP決勝で、ウイリアムズのフェリペ・マッサは9位、バルテリ・ボッタスは6位だった。

2016年第14戦イタリアGP ダニエル・リカルドとバルテリ・ボッタス

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ 決勝=9位
 オプションタイヤでのペースが予想したほどではなかったことを別とすれば、決して悪くないレースだったと思う。僕のレースは、実質的にはスーパーソフトに履き替えたところから始まり、その後のペースは満足のいくものだった。

 タイヤの能力をもう少し引き出せれば、もっと良かったのかもしれない。ともあれ、何とかコンストラクターズ選手権4位を奪還するのに十分なポイントを獲れたことを、うれしく思っている。

バルテリ・ボッタス 決勝=6位
 今日は自分ではもう少し良い成績を期待していた。ポディウムフィニッシュを目標にしていたが、実際にはそこまでの速さはなくて、どのスティントでもコース上でポジションを守るために、タイヤを思ったよりも激しく使わなければならなかった。その結果、スティントの終盤で苦戦を強いられることになったんだ。 

 純粋なペースは物足りなかったとはいえ、僕らはチームとして良い結果を手にしてモンツァを離れることができる。コンストラクターズ選手権で4位の座を取り戻したからだ。これは僕らが正しいことをやり続けば、このまま4位を維持できるという証拠であり、その意味で自信を持つこともできた。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月5日(月)10時46分

オートスポーツweb