ここから本文です

ハース「マクラーレン・ホンダ、バトン、アロンソに勝ったことが誇らしい」:ハースF1 イタリア日曜

オートスポーツweb 9月5日(月)12時38分配信

 2016年F1イタリアGP決勝で、ハースF1のロマン・グロージャンは11位、エステバン・グティエレスは13位だった。

2016年第14戦イタリアGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=11位
 率直に言えば、このレースでポイントを獲得するには、まだ少しスピードが足りなかったと思う。

 僕らはとてもアグレッシブな1ストップ戦略を試みた。最初のスティント終盤の数周では、ソフトタイヤに少しグレイニングが出てしまって、それで何秒かを失ったのは確かだ。けれども、最終的に10位に入るために必要だったあと12秒は、グレイニングが起きなくても稼げなかったと思う。これが今日の限界に近い成績だったということだ。

 次のレースに向けて、改善できるのは何かを学んでいく必要がある。次のシンガポールは個人的にも楽しみにしている。シーズン中で最高のレースのひとつだからね。

エステバン・グティエレス 決勝=13位
 とても残念なスタートになってしまい、いきなり大きくポジションを失った。そこからの挽回は難しかったけど、僕としてはベストを尽くしたつもりだよ。

 最初のスティントは思うようにペースが上がらず苦戦した。僕が予選で使ったタイヤでスタートしたのに対して、周囲のドライバーはみんな新品タイヤだったからね。かなり厳しい状況の中で、気持ちをしっかりと保ちながら、何とかリカバーしようと必死でプッシュした。でも、序盤に失ったものはあまりにも大きくて、結局スタートした順位まで挽回することはできなかった。

 次のシンガポールに向けて、より力強いパフォーマンスを発揮できるように、あらゆる努力をするつもりだ。

チーム代表 ギュンター・シュタイナー
(グティエレスのスタート失敗について聞かれ)スタートをうまくやれなかったのは、ドライバーの問題だ。プレッシャーがかかったのだろう。我々も、彼自身も、あれでチャンスを逃した。

 だが我々はマクラーレンを相手に戦い、彼らに勝った。それは誇りに思っていいだろう。マクラーレン・ホンダはビッグチームだ。彼らは歴史のあるチームで、我々は新規チームだ。そういうチーム、そしてバトンやアロンソという優秀なドライバーたちとレースをしたというのは誇らしいことだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月5日(月)12時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]