ここから本文です

【ロッテ】来春、Lamigoモンキーズと交流試合

ベースボールキング 9月5日(月)15時18分配信

 ロッテは5日、台湾リーグのLamigoモンキーズとの交流試合を2017年2月11日、12日に石垣市主催で「アジアゲートウェイ交流戦 Power Series2017 in石垣島」(石垣市中央運動公園野球場)を行うと発表した。

 Lamigoモンキーズは、チーム名を「Lanew ベアーズ」から2011年に「Lamigoモンキーズ」に変更。ロッテは派遣コーチとして球団OBの荘勝雄氏を10年から13年に派遣するなど、交流がある。また、14年に台湾・桃園県にて交流試合を3試合行い、1勝2敗。16年は石垣島にて交流試合を2試合行い、1勝1敗の成績だった。

【山室晋也千葉ロッテマリーンズ球団社長のコメント】
「一昨年は台湾に招待して頂き、3試合の交流戦を行い、今年はマリーンズのキャンプ地である石垣島で2試合行い、大変な盛り上がりを見せました。来年も石垣島にて2試合の交流戦が行う事が決まり、とても嬉しく思っています。チームにとってもオープン戦を前にいい実戦の舞台となると思いますし、ファンの皆様にとっても、ラミゴとの試合は見ごたえのあるものになると思います。今年、大きな盛り上がりを見せたように来年も試合日には様々なイベントなども行い、盛り上げることができればと思っています。ぜひ応援に来ていただきたいと考えています」。

【中山義隆石垣市長のコメント】
「今年、千葉ロッテマリーンズのキャンプの際に行われました台湾のラミゴモンキーズとの交流戦は、非常に盛り上がりました。そして、また来年2月11日、12日に石垣島で再び交流戦を開催することが決定いたしました。多くのみなさん、ラミゴファンのみなさんも石垣島に来て、チームを応援して、試合を楽しんでいただきたいと思います。そして、その後には石垣牛や観光など楽しんでいただければと思います。みなさんのご来島、心からお待ちしております」。

BASEBALL KING

最終更新:9月5日(月)15時18分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。