ここから本文です

侍ジャパンU-18が優勝報告 小枝監督、大会通算1失点の投手陣に「素晴しいの一言」

ベースボールキング 9月5日(月)19時45分配信

 『第11回 BFA U-18 アジア選手権』で2大会ぶり5度目の優勝に輝いた侍ジャパンU-18の小枝守監督、主将を務めた小池航貴(木更津総合)、今井達也(作新学院)が5日、東京都内で優勝記者会見を行った。

 チームを優勝に導いた小枝監督は「選手たちがしっかり動いてくれて優勝することができました」と挨拶。今大会、韓国、チャイニーズ・タイペイといった強豪国を撃破し、優勝できた要因に「木製バットに切り替えての対応が、選手は非常に悩んだと思う。逆にそれを利用して、送りバントなど自己犠牲を中心に戻していくと伝えていた。選手たちが本当に忠実に我々の指示を実行してくれた」と選手たちの献身的なプレーを挙げた。

 また、大会通じて1失点に抑えた投手陣については「すばらしいの一言」と絶賛。「甲子園が終わって、2日しか空いていなかった。本当に投手陣はつらかったと思うが、全員がいい所を認め合って、チームとしての力が発揮できたと思う」と評価した。

 チャイニーズ・タイペイとの決勝戦に先発した今井も「一人ひとりが各校のエースナンバーを背負っているということもあり、ものすごく信頼感はあった。先発で2試合投げたが、後ろに頼りがいの投手が多かったので、目一杯投げることができた」と振り返った。

 一方、主将を務めた小池は、木更津総合では先発メンバーで活躍したが、代表では裏方として過ごす時間が長かった。その中で小池は、「一塁コーチをやらせてもらって、3アウト目のバッターとなったっ選手は気持ちが落ちると思う。そういうバッターに切り替えの声をかけられるように、意識してやってきた」と話す。

 試合に出場している選手、ベンチの選手が一体感を持って、2大会ぶり5度目の優勝に輝いた侍ジャパンU-18。今回の経験を次なる舞台で活かして欲しい所だ。

BASEBALL KING

最終更新:9月5日(月)19時54分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]