ここから本文です

西田作品を朗々と かほく、哲学館で吟詠大会

北國新聞社 9/5(月) 2:38配信

 西田幾多郎博士頌徳(しょうとく)会の「西田幾多郎博士作品を吟ずる第14回全国吟詠大会」(本社共催、テレビ金沢後援)は4日、かほく市の石川県西田幾多郎記念哲学館で開かれ、最優秀賞の知事賞に鶴賀谷修さん(大阪府藤井寺市)、特別優秀賞・北國新聞社社長賞に宮田政雄さん(中能登町)が選ばれた。

 北陸三県と大阪から206人が出場し、「吾死なば」「白砂青松」など指定吟題の漢詩や短歌計13題から1題を選んで情感豊かに吟じた。会長の油野和一郎かほく市長があいさつし、浅見洋館長が「西田幾多郎の歌」と題して講話した。

 ◇最優秀賞▽知事賞 鶴賀谷修(大阪)◇特別優秀賞▽西田幾多郎博士頌徳会長賞 岡田裕子(大阪)▽北國新聞社社長賞 宮田政雄(中能登)▽県吟剣詩舞道総連盟賞 小橋絹子(南砺)▽県西田幾多郎記念哲学館長賞 畠健三(高岡)◇優秀賞 前田由美子(南砺)廣瀬時代(羽咋)山上久見子(小松)長平久栄(能登)山田順子(砺波)◇入賞 笹木淳子(富山)村中澄子(金沢)勝田明美(同)藤井美恵子(福井)水江仁美(金沢)山下他喜代(同)家城久美子(砺波)嶋田善夫(白山)米村法子(金沢)北弘子(同)曽我路子(能美)寺春美(砺波)田村京子(野々市)加藤敏子(金沢)寺中聰(同)長澤寿代(射水)甲勇二(坂井)深山令子(金沢)林敏治(高岡)惣田増美(砺波)前川賢一、中村民子、大長まり子(以上金沢)亀田吉朗(津幡)大田隆(金沢)川北武夫(津幡)北村眞理子(小松)松平清美(七尾)大長尊勝(金沢)藤田政枝(福井)井川和子、中川希美代、三浦美智子、藤部志穂(以上金沢)織田幸子(野々市)藤井辰子(金沢)嶋田一枝(小松)嶋田茂晴(富山)笠井正尭、松田三郎、下村勝次、村田信一、前田朝子、金森陽子、荒川清吉(以上金沢)大谷光則(中能登)庄中敬子(金沢)岩下美代子(大阪)南川渉(白山)田村一郎(南砺)嶋田百合子(白山)

北國新聞社

最終更新:9/5(月) 2:38

北國新聞社