ここから本文です

小塚崇彦さんがスケート指導 元五輪代表、金沢で教室

北國新聞社 9/5(月) 2:38配信

 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー冬季五輪代表で、3月末に引退した小塚崇彦さんが4日、西泉6丁目の健民スポレクプラザでスケート教室を開いた。県内外の小学生23人が技術指導を受け、交流を深めた。

 小塚さんは実演を交え、着氷から足の運び方までを教えた。参加者は両腕を水平に上げ、手の甲に乗せた硬貨を落とさないよう、美しい姿勢で滑る練習などに取り組んだ。

 トークショーでは、小塚さんと父・嗣彦(つぐひこ)さんが親子で競技に没頭した日々を語った。小塚さんは現役時代、父が五輪代表選手であることをプレッシャーに感じていたと明かし、「スケートが好きという気持ちがあったから、大きな夢もクリアできた」と話した。

北國新聞社

最終更新:9/5(月) 2:38

北國新聞社