ここから本文です

ルーニーが“ベッカム超え”達成 代表出場数、イングランド歴代単独2位に

SOCCER KING 9月5日(月)10時1分配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループF第1節が4日に行われ、スロヴァキア代表とイングランド代表が対戦。終了間際にMFアダム・ララーナ(リヴァプール)が決勝ゴールを挙げ、イングランドが1-0で劇的な勝利を収めた。

 同試合にフル出場したイングランドのキャプテン、FWウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)が、同国代表での通算出場数を「116」に更新。イングランド史上単独2位に浮上した。大手メディア『ESPN』が伝えている。

 6月から7月にかけて開催されたユーロ2016でベスト16敗退に終わったイングランド。ルーニーは同大会終了時点で代表通算115試合出場を記録し、デイヴィッド・ベッカム氏と並んでいた。そして、サム・アラダイス新監督の初陣となったスロヴァキア戦でフル出場。“ベッカム超え”を果たした。

 なお、イングランド代表の最多出場記録はピーター・シルトン氏が保持。出場試合数は「125」となっている。同氏は1970年から1990年まで代表でプレーし、ワールドカップ3大会に出場したGKだった。

 17歳で代表デビューを果たしたルーニーは現在30歳。フィールドプレイヤーとしてはイングランド最多キャップ保持者となった。あと10試合でシルトン氏の記録を上回り、単独首位に立つことになる。

 イングランドの次節は10月8日、マルタをホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:9月5日(月)10時33分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合