ここから本文です

ジダン監督は「偉大なプロ」 C・ロナウド、CL連覇へ意欲「挑戦する」

SOCCER KING 9月5日(月)11時56分配信

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、昨シーズンの戦いぶりやジネディーヌ・ジダン監督について語った。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

 昨シーズン、レアル・マドリードはラファエル・ベニテス前監督が途中退任。今年1月からジダン監督が指揮を執り、チャンピオンズリーグ(CL)制覇を果たした。

 C・ロナウドは「ジダンが昨シーズンのキーポイントだった。彼が自分たちにハードワークを課し、良い仕事をさせてくれたんだ。彼は偉大なプロフェッショナルで、素晴らしい人間だと思う」とコメント。「彼の高いクオリティーは、選手たちに落ち着きを与える能力にあると思う」と、信頼を強調した。

 昨シーズンについては「チャンピオンズリーグを制覇して、(CLの)得点王になることができたね。キャリアの中でも最高の1年になるだろう」と語り、「世界最高のクラブ、レアル・マドリードでプレーしているんだ。目標は常にタイトルを勝ち取ることだ。チャンピオンズリーグのトロフィーをもう1回取ることができれば、他のどのクラブよりもさらに多くの優勝を成し遂げるということになるね。今シーズンも挑戦するよ」と、CL連覇へ意欲を示した。

 7月10日に行われたユーロ2016決勝で負傷し、現在は実戦復帰に向けてトレーニングを積んでいるC・ロナウド。9月2日には自身の公式インスタグラムへ練習画像を投稿し、復帰が近いことを示唆した。レアル・マドリードは次戦、10日のリーガ・エスパニョーラ第3節でオサスナと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9月5日(月)11時56分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。