ここから本文です

ヴァーディ、レスター残留の理由を明かす ヴェンゲル監督へ感謝の言葉も

SOCCER KING 9月5日(月)18時38分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、クラブ残留の決断理由を明かした。4日付けのイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 今夏の移籍市場でアーセナルからの関心が伝えられていたヴァーディ。一時は合意報道も出ており、レスター退団は確実かと思われていたが、6月23日に残留が決定。4年間の契約延長に合意した。

 同紙によると、ヴァーディは残留決断の時を振り返り、「僕は何もせず、ホテルで何時間も過ごしていた。僕にはたくさんの時間があったからね。文字通り、すべての細かい一つ一つのことまで考えていたよ」と2016-17シーズンの所属先について熟考していたことを明かした。

 その上で、レスター残留を選んだ理由については、「考えるたびに毎回、僕の頭と心が『お前はとどまる必要がある』って言うのさ」と明かした。

 大きな決断を下した一方、同選手は自身に関心を示したアーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督へ感謝の言葉を送っている。「ユーロで泊まったホテルで、ヴェンゲルと話していたよ。ただ、『おはよう』とか、『調子はどう』っていうようなことだったけどね」とフランスで開催されたユーロ2016の期間中の出来事を語ったヴァーディ。「僕のプロ生活で最大の決断だったけど、それは素敵な言葉だった」と続け、ヴェンゲル監督との会話が貴重なものであったと振り返った。

 昨シーズンの活躍を受けて、一層マークがきつくなることが予想されるヴァーディ。すでにプレミアリーグ第3節のスウォンジー戦で今シーズン初ゴールを挙げたが、今後の活躍にも期待が寄せられている。

SOCCER KING

最終更新:9月5日(月)18時42分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]