ここから本文です

「ここを越えないとW杯でも勝てない」 必勝誓う岡崎、タイ戦は「内容よりも気持ちで」

SOCCER KING 9/5(月) 23:29配信

 日本代表は6日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第2戦で、タイ代表とのアウェーゲームに臨む。初戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表に敗れた日本にとっては、絶対に負けられない重要な一戦だ。5日の練習を終えた岡崎慎司(レスター)は、「気持ちで勝って、いい雰囲気にしたい」と意気込みを語った。

 ホームでの初戦でまさかの敗戦を喫したことで、「遅いかもしれないけど、みんな『これが最終予選だ』っていう思いになっている」と、改めてW杯の切符を掴むことが容易ではないことを突きつけられた。「まだ9試合ある」と話すように、挽回するチャンスは十分に残されているが、タイ戦を落とすようなことになれば、6大会連続の出場に黄色信号が灯ることとなる。

 岡崎もそれを理解しているようで、「今、自分たちに必要なのは勝つこと。内容以上に気持ちの部分で勝って、いい雰囲気にして次につなげたい」と、必勝を誓った。

 UAE戦の翌日に別メニュー調整を行ったことで懸念されるコンディション面については、「全然ケガとかじゃなかったんで」と問題がないことを強調。続けて、「自分の代表経験の中でこんなスタートはあまりないので、怖い部分はありますけど」と多少の戸惑いを見せながらも、「ここを乗り越えないと、結局はW杯でも勝てないと思う」と言及。そして、「自分たちだけじゃなく、どこもW杯を狙っているので、単純にそう思うときついかもしれないけど、もう勝って当たり前の世界じゃないというかね。今からは対等なチームだと思ってやらないといけないと思います」と、改めて気を引き締めた。

SOCCER KING

最終更新:9/5(月) 23:32

SOCCER KING

なぜ今? 首相主導の働き方改革