ここから本文です

「無我夢中でやれた」MF関根、2アシストの活躍もゴールを渇望

ゲキサカ 9月5日(月)7時33分配信

[9.4 ルヴァン杯準々決勝第2戦 浦和 4-0 神戸 埼スタ]

 浦和レッズのMF関根貴大が2アシストの活躍で4発完勝の立役者の一人となった。
 
 体を投げ出しながらの好アシストだった。前半39分、スペースに走り込んでMF青木拓矢のロングフィードに合わせて飛び上がると、体勢を崩しながらもヘッドでボールを落とす。このパスから抜け出したMF高木俊幸がGK徳重健太との1対1を制して、先制に成功。「トシ君(高木)が見えたので任せました」。

 さらに後半39分にはFW李忠成のダメ押し弾をお膳立て。左サイドを突破してPA内に侵入すると、敵陣深い位置から中央に折り返した。「うまく相手をかわして、チュン君(李)も冷静に決めてくれたので良かった」。パスに合わせた李のダイレクトシュートはゴールネットに突き刺さった。「久しぶりにアシストできた。自分で打とうと思ったけど(李が)見えた」と瞬時の判断が奏功。日頃からアシストの要求を受けてきた李にピタリと合わせ、「今日は無我夢中でやれた」と充実感を漂わせた。

 リーグ戦の首位攻防戦となったJ1第2ステージ第9節川崎F戦は体調不良のため、ピッチに立てなかった。だが、一度欠場したことで「体がリフレッシュできた。周りも見えるようになった」と心身にキレが戻った感覚もある。年間優勝へ向け、リーグ戦はここから正念場を迎える。「リーグも下が詰まってきているし、上には負けてしまった。厳しい状況ですが、自分たちがやってきたことを続けていきたい」。

 左サイドでも、持ち場としてきた右サイドとそん色ない働きを見せる背番号24は、アシストだけでは満足しない。今季は第2ステージ第7節湘南戦でのゴールがホーム初得点、公式戦でのゴール数は2得点に留まっているが、このままでは終われない。「決めたいですね。あとは得点ですね」とゴールへの意欲を隠さなかった。

最終更新:9月5日(月)7時33分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]